ホームセキュリティでしっかり防犯

ホームセキュリティでしっかり防犯 ホームセキュリティで安全安心の防犯対策

ホームセキュリティ日記

ホームセキュリティの導入

投稿日:2016年11月4日 更新日:

せっかくホームセキュリティを導入するのだから、出来る範囲で良いので効果や効率は最大限を目指して、ご家族の全ての人が承認できるようなシステムうを作ることが大切です。

ほとんどの方はホームセキュリティ会社の専門家のもとに相談しながら進めていくと思うのですが、予算との兼ね合いがあり金額を落とせばセキュリティがマイナスになり弱点が増えてきます。しかしながらどこまでセキュリティを強化するのかが問題であり妥協点を見出すのも良いでしょう。

導入前の常識と意識

ホームセキュリティを導入前の常識と意識について説明していきます。

家族全員の意識

検討を重ねる

家族全員の安全な暮らしを守るものですから、人任せにせずセキュリティ会社の専門家と何度も話し合い検討し最良のシステムにする意識をする。

セキュリティの特徴を確認

セキュリティの特徴と言うのは、センサー機器や警報機器が何の動作せずにいる状態が安全で安心できる状態です。これはホームセキュリティにしても同じことだと言う事で、何もないことが良いことなんだと認識することを覚えておきましょう。

セキュリティ業者を選ぶ

セキュリティ業者に全てお任せするというのもありだとは思いますが、人感センサーやライトなどは近くのホームセンターなどで購入して費用を節約しても良いと思います。

警備会社

警備会社と言うのは、各都道府県の公安委員会の公認を受けか会社だけが、警備法により警備会社を運営できます。
警備法では、資格・検定など様々項目の条件をを満たしていなければならず、中でも機械警備業者は即応体制の整備と言う項目があります。これは、警報信号を受信してから現場に到着する時間が25分(地域によって30分)以内に着かなければいけません。
出来るだけ住居の近い警備会社を選ぶことが大切です。

警備システム設計と施工業者

⑴施工業者の意見を押し付けたり、住人の話・意見を取り入れない業者は避けましょう。

⑵防犯機器が人や車などの移動に邪魔になたり、外観からの見た目が悪かったり目障りな場所などをアドバイスし、住みやすさを配慮してくれる業者が望ましいです。

⑶生活パターンや家族構成、受託の構造や間取り、機器の選択や設置場所をセキュリティのプロに視点から調査し検討してくれる業者が良いでしょう。

⑷警備法で警備会社は規制されますが、セキュリティの機器・施工業者は何の規制も資格も有りません。家族のプライベートな事までさらすわけですから信用おける業者に任せたいです。

⑸運用とケア
運用・保守の方法を丁寧に指導してくれて、完成後も面倒見のいい業者を選択します。

-ホームセキュリティ日記

執筆者:

関連記事

ホームセキュリティの設計から運用保守

前項でホームセキュリティにつての対処や思考につて説明しまた。 発注先や警備会社、施工業者のアプローチは一緒です。 ホームセキュリティ設計のポイント ホームセキュリティ設計のポイントとしては、依頼者や家 …

ホームセキュリティ機器の設置4

前頁からの続きでホームセキュリティ機器の設置方法4です。 ホームセキュリティのガス漏れセンサー 設置位置や方法 プロパンガス用のガス漏れセンサーは、空気よりガスの方が重く床面など低い場所に流れるので、 …

ホームセキュリティの運用保守

ホームセキュリティは、万が一に備えての準備でありその時の対処法としての準備なのです。 セキュリティ全体でも言える事なのですが、日常生活においての発生頻度は少ないですが、防犯・防止と言う性質状正確に処理 …

ホームセキュリティの3代システム

➀防犯システム 防犯システムとは、特に侵入者を検知確認して通報、警報を鳴らすシステムで、侵入者を威嚇し撤退させたりその家の人や周囲の人に知らせると一緒に警備会社に通報するシステムの事です。 防犯カメラ …

ホームセキュリティ機器の設置2

前頁からの続きでホームセキュリティ機器の設置方法です。 ホームセキュリティのマグネットスイッチ 設置位置や方法 開き窓や開き戸の場合は、上の部分を蝶番とは反対側の取っての方に横に向けて設置します。引き …