ホームセキュリティでしっかり防犯

ホームセキュリティでしっかり防犯 ホームセキュリティで安全安心の防犯対策

ホームセキュリティ日記

ホームセキュリティの設計から運用保守

投稿日:2016年11月20日 更新日:

前項でホームセキュリティにつての対処や思考につて説明しまた。
発注先や警備会社、施工業者のアプローチは一緒です。

ホームセキュリティ設計のポイント

ホームセキュリティ設計のポイントとしては、依頼者や家族の意見を優先的に組み込まれますが、その専門家のである業者のアドバイスや意見も大切です。専門的な意見も聞き入れず設計されたホームセキュリティシステムは、費用の割には使いづらいものになってしますしこういったことは多々あるようです。

立地の条件や周囲の環境

傾傾地なのか平地なのか、商業地なのか住宅地なのか、隣接する空き家や空き地はあるのか、昼と夜の人通りや交通量、お隣同士の距離、気象条件、ペットの有無、など

建築物の形状

持ち家か賃貸か、アパートかマンションか戸建てか、木造かコンクリート造か、壁や床や屋根の構造、玄関など出入り口及び窓の建具の材質・構造・サイズ、など

運用と環境条件

家族構成や職業、主な導入目的、誰が操作するのか、住居の留守率は高いのか、外出する際の出入り口、貴重品の扱い方、ご近所との繋がり、喫煙者がいる場合は頻度と場所、防災の種類は何か、など

予算につて

上限を設定しているか、現金・リースなどの支払条件、防犯の範囲と概算

ホームセキュリティのシステム設計・機器選び

依頼者や家族の意見を聞いてから設計の作業に入ります。予算内で最良なものを専門家としての知識を屈指して機器を選んでいきます。

ホームセキュリティでは、ワイヤレスするケースの多くは見栄えやコストを抑える理由があげられます。有線の配線が難しい場所もあるとは思いますが、防犯性を重んじるのであれば重要な部分はやはり有線にしましょう。

また、防犯重視のセキュリティの場合通報機器や鍵制御盤とコントローラーなどの重要な機器は個別の機器にする事をお勧めします。これは、例を挙げると通報する機器が壊れてもコントローラーが正常に稼働していれば威嚇の警報は出すことは可能ですし、逆にコントローラーが壊れても通報機器装置が動ていれば警報が出せるからです。

最近では全てが一体式の小型安価なで機器も多いですが、その危険性として侵入者等に発見されやすいです。と言う事は壊されやすいと言う事に繋がるからです。

侵入者に目に付きにくい場所に設置できるのは、やはりコントローラーとは別の個別の通常操作しない通報機器装置の方が優れていると言えます。

利用者の納得するセキュリティシステムを構築すには、利用者の防犯に対する思いの強度を考慮しなければなりません。

-ホームセキュリティ日記

執筆者:

関連記事

防災用センサーについて

防災センサーには、火災用、ガス用、地震用、その他(漏水・非常ボタンなど)の種類があります。 火災用熱感知器 熱感知器は、住宅が火災の時の高い熱を検知して中央コントローラーに電波信号で知らせるもので、天 …

ホームセキュリティ機器の設置1

コントローラー・センサー・警報装置など 設置位置や方法 コントローラーなどは、目の高さに設置します。これが意にも表示板など常時見る頻度が高い機器はアイレベルに設置すると観やせいですよ。 通報機が個別の …

ホームセキュリティの導入

せっかくホームセキュリティを導入するのだから、出来る範囲で良いので効果や効率は最大限を目指して、ご家族の全ての人が承認できるようなシステムうを作ることが大切です。 ほとんどの方はホームセキュリティ会社 …

防犯用センサーについて

前ページの防犯センサー・赤外線センサーの続きです。 マイホームに適した防犯センサーを選択してください。 防犯センサー 感圧コードセンサー・フェンスセンサー この防犯センサーは、赤外線センサーを設置しに …

ホームセキュリティの機器選択

ホームセキュリティの機器を予算内で最良のシステムになる様、設置業者の専門家と意見を交わしながら選択していきます。 機器選択のポイントとしては、維持管理や機器装置のメンテナンスを簡易にするために、予算の …