ホームセキュリティでしっかり防犯

ホームセキュリティでしっかり防犯 ホームセキュリティで安全安心の防犯対策

ホームセキュリティ日記

ホームセキュリティの運用保守

投稿日:2017年1月6日 更新日:

ホームセキュリティは、万が一に備えての準備でありその時の対処法としての準備なのです。
セキュリティ全体でも言える事なのですが、日常生活においての発生頻度は少ないですが、防犯・防止と言う性質状正確に処理信ければいけません。

この様に、もしもの時家族や近隣の人に被害を最小限にする為にも、より良いシステム構築をしその使用される機器を常に正常に稼働していなければいけません。

でも、気象条件や周辺の環境や外部的な原因などにより、時間経過とともに機器は劣化していきますが、ホームセキュリティのシステムを常に安定して正常に稼働されるため、設置者や家族の正しい運用とセキュリティ会社の一定期間ごとの点検が必然です。

異常が生じたとき設置者や家族は、即座に業者に連絡して対応してもらわなければなりません。また、使用環境の変化(警戒域の変更や追加・増加・移動)に対応し変更する必要があります。

オフラインでのホームセキュリティのシステムの場合、保守点検業者との施工業者が契約するのが最善の方法です。

オンラインのホームセキュリティのシステムでは、定期的な保守点検は警備会社が行います。
ホームセキュリティのシステムの定期点検は、機器の清掃、消耗品の交換、機能動作点検を年一回おこないます。交換部品などは通常点検費用とは別の料金となります。

機器の施工での留意点

機器の設置や施工での注意すべき点を挙げていきます。

機器設置や施工時の注意点

機器の施工は、通常メーカーの取説に基づいて行います。特に注意することはセンサー類で性能や役割を十分理解した上で機器の性能が発揮できるよう設置しなければなりません。

急激に気温や湿度が変化する場所や長時間高くなるところは避けるようにしましょう。

ビデオカメラやパッシブセンサー、赤外線センサーなどの精密機械は直射日光や反射日光は直接受けないように施工しましょう。

振動が少ない場所や車などがぶつからない場所、泥がかったたり湯気発生する場所はさけてに設置しましょう。

猫や犬、ネズミ等小動物の侵入対策をしましょう。
植物(雑草・植木)の弊害に留意しましょう。

カーテンやブラインドなどが風などによる揺れにも注意が必要です。

蛍光灯や冷凍庫、コンプレッサー、電子レンジ、エアコン、コンピューター、無線機などノイズ原から離して設置するようにしましょう。離して設置してもどうしてもノイズの影響を受けてします場合は、ノイズ対策の施工方法を実施しましょう。

-ホームセキュリティ日記

執筆者:

関連記事

ホームセキュリティ機器の設置1

コントローラー・センサー・警報装置など 設置位置や方法 コントローラーなどは、目の高さに設置します。これが意にも表示板など常時見る頻度が高い機器はアイレベルに設置すると観やせいですよ。 通報機が個別の …

ホームセキュリティ機器の設置4

前頁からの続きでホームセキュリティ機器の設置方法4です。 ホームセキュリティのガス漏れセンサー 設置位置や方法 プロパンガス用のガス漏れセンサーは、空気よりガスの方が重く床面など低い場所に流れるので、 …

防犯用センサーについて

前ページの防犯センサー・赤外線センサーの続きです。 マイホームに適した防犯センサーを選択してください。 防犯センサー 感圧コードセンサー・フェンスセンサー この防犯センサーは、赤外線センサーを設置しに …

ホームセキュリティの設計から運用保守

前項でホームセキュリティにつての対処や思考につて説明しまた。 発注先や警備会社、施工業者のアプローチは一緒です。 ホームセキュリティ設計のポイント ホームセキュリティ設計のポイントとしては、依頼者や家 …

ホームセキュリティの施工

ホームセキュリティは、いかに優れたシステムを構築したとしても、正確な施工ながなされない限り正しく動作する事はありません。 侵入者がいたとしても警報しなかったり、逆に異常ではないのに警報が出る誤報してに …