ホームセキュリティでしっかり防犯

ホームセキュリティでしっかり防犯 ホームセキュリティで安全安心の防犯対策

ホームセキュリティ日記

ホームセキュリティ機器の設置4

投稿日:2017年2月20日 更新日:

前頁からの続きでホームセキュリティ機器の設置方法4です。

ホームセキュリティのガス漏れセンサー

設置位置や方法

プロパンガス用のガス漏れセンサーは、空気よりガスの方が重く床面など低い場所に流れるので、ガスの機器から4M以内でかつ床上30CM以内に設置するようにしましょう。

都市ガス用・天然ガス用は、空気よりガスが軽く天井側へ流れ溜まるので天井に設置しますが、ガス機器の真上は避け2M~8Mの範囲に設置するようにしましょう。

設置時の留意事項

プロパンガス用のガス漏れセンサーは、床面付近に設置しますので足でひっかけたり、物を置いたりして感度が悪くなったりしないよう注意しましょう。

特に都市ガスは、ガスが空気より重いか軽いかはガス会社に確認する必要がります。

ホームセキュリティの固定式非常用ボタン

設置位置や方法

非常用ボタンの設置位置は、一般には1.3M~1.5Mと言われていますが、幼児の手の届かない位置で、家族の意見も取り入れて誤動作がなく目立つ場所にしましょう。

設置時の留意事項

非常用ボタンは、居間やダイニン、寝室など普段から比較的長く居る場所に設置するようにしましょう。

家族全員が思い浮かべる場所に設置し、物陰にならないようなところや侵入者から逃げ込む部屋などに非常用ボタンを設置します。

ホームセキュリティのリモートスイッチ

設置位置や方法

リモートスイッチの設置す津高さは、家族全員が操作しやすい位置にすることが望ましいでが、一般的には床面から1.3Mと言われています。

警戒領域外でコントロールするリモートスイッチは、敷地全体を警備する場合は、出口を出た出入り口の横か塀の壁に設置し、建造物だけの警戒域の場合は外出の際出入り口の横の門か塀の壁に設置します。

敷地全体の警戒領域の場合に、建造物に入る前にコントロールする場合は、出入り口の横の柱や壁に設置し、外出する時、パネルロックをかけ遅延制御のシステムにする場合は、コントローラーの横か出入り口(玄関・勝手口)の柱や壁面に設置します。

設置時の留意事項

屋外に設置するリモートスイッチの機器は、防水仕様に機器はなってはいますが、設置する柱や壁にとの間の隙間から雨水などが入ってこないようにコーティングを行います。しかし底面は、結露した水分を流しだすようにする為、コーティングは厳禁です。

リモートスイッチの配線は、タンパー機能を行こうに活かしながら金属管配線か隠蔽配線で必ず行うようにしましょう。

-ホームセキュリティ日記

執筆者:

関連記事

ホームセキュリティの運用保守

ホームセキュリティは、万が一に備えての準備でありその時の対処法としての準備なのです。 セキュリティ全体でも言える事なのですが、日常生活においての発生頻度は少ないですが、防犯・防止と言う性質状正確に処理 …

救急用センサーにつて

ホームセキュリティで利用されている救急用のセンサーですが、残留検知=トイレやお風呂などで急に倒れた場合を言う、と外出検知=認知症などでの徘徊、排泄検知=寝たきりや認知症など重度の障害、等があります。 …

ホームセキュリティ機器の設置3

前頁からの続きでホームセキュリティ機器の設置方法3です。 ホームセキュリティのパッシブセンサー 設置位置や方法 パッシブセンサーは、ネジで柱や壁や天井に固定します。 設置する場所は、家具類や柱や梁、照 …

画像監視システム機器

昨今、防犯用のビデオ録画機能の付いているビデオカメラは数多く安価で販売されています。 ホームセキュリティの防犯システムのビデオカメラにつて説明していきます。 ビデオカメラ設置の目的 今のビデオカメラは …

ホームセキュリティの導入

せっかくホームセキュリティを導入するのだから、出来る範囲で良いので効果や効率は最大限を目指して、ご家族の全ての人が承認できるようなシステムうを作ることが大切です。 ほとんどの方はホームセキュリティ会社 …