ホームセキュリティでしっかり防犯

ホームセキュリティでしっかり防犯 ホームセキュリティで安全安心の防犯対策

ホームセキュリティ日記

画像監視システム機器

投稿日:2016年10月22日 更新日:

昨今、防犯用のビデオ録画機能の付いているビデオカメラは数多く安価で販売されています。
ホームセキュリティの防犯システムのビデオカメラにつて説明していきます。

ビデオカメラ設置の目的

今のビデオカメラは、高性能になり価格も安くはなっていますがシステム全体を考えると高価なものであることには間違いありません。
ホームセキュリティでビデオカメラシステムを最良のモデルの構造に出来る様にしたいものです。

目的1-威嚇

侵入者に「見られているかもしれな」とか「録画れれていていつかは捕まる」など思わせる目的もあり、犯罪を未然に防ぐ目的の場合なら、偽物のダミーでも大丈夫です。

目的2-訪問者の確認

玄関に設置してある監視カメラで撮った画像をモニターで確認します。

目的3-遠隔確認

インターネット経由で転送された画像を携帯端末で確認し対応する場合です。

目的4-録画

映像を記録する事で侵入者等を特定するために対応する場合です。

目的5-別の場所で監視

寝たきりの家族や幼児などキッチンなどで調理中などにもモニターリングに対応する場合です。

画像監視システムの機器

ビデオカメラ

現在防犯用で使われているカメラの進化はめまぐるしいもで、アナログカメラからフルハイビジョンカメラの300万画素と言う超高性能カメラまで様々なカメラが存在します。
多種多様な組み合わせが可能で、設置する場所や用途に合わせて選びましょう。

暗視カメラや赤外線カメラ、電池式やマイク内蔵、SDカード録画、HDD録画、ネットワークカメラワイヤレス、WiFi無線カメラなど選ぶのに迷ってしまうくらいですね。

ココでカメラの性能ですが、画素数は数が多いほどきれいに映ります。レンズも様々な物が存在しますが、バリフォーカルとは、広角レンズと標準レンズの画角が任意に設定できますので、監視場所を選ばず重宝します。

また、オートアイリスとは絞りを自動調整するタイプで、パンチルトは垂直と水平の回転機能が標準装備されていると言う事です。

モニター

モニターは、カメラに一体式の物やSD内臓、専用のテレビモニター、テレビに飛ばせるタイプ、インターネット介してパソコンや携帯端末・スマホなどでモニタリング出来るタイプと様々あり、用途・監視場所に合ったモニター選びを心がけましょう。

また、自動通報装置と同様に監視場所の音声も聞けたり、スピーカーから音声を出力し威嚇したり遠隔の場所から侵入者と会話出来るものも存在します。

-ホームセキュリティ日記

執筆者:

関連記事

ホームセキュリティを理解しよう

ホームセキュリティの全体的なシステム機器構造を詳しく解説していきますね。 ホームセキュリティの機器には、操作処理するための中央コントローラー、電源装置、回路表示器、リモートスイッチ、警報機器、遠隔伝送 …

ホームセキュリティの3代システム

➀防犯システム 防犯システムとは、特に侵入者を検知確認して通報、警報を鳴らすシステムで、侵入者を威嚇し撤退させたりその家の人や周囲の人に知らせると一緒に警備会社に通報するシステムの事です。 防犯カメラ …

ホームセキュリティの実例プラン

ココでホームセキュリティの実例プランを挙げていきますが、既設する建築物に設置する工程での費用で設定していますが、新築の場合ですと割高になります。(税別で掲載) H社ホームセキュリティ-マンションプラン …

ホームセキュリティの施工

ホームセキュリティは、いかに優れたシステムを構築したとしても、正確な施工ながなされない限り正しく動作する事はありません。 侵入者がいたとしても警報しなかったり、逆に異常ではないのに警報が出る誤報してに …

防災用センサーについて

防災センサーには、火災用、ガス用、地震用、その他(漏水・非常ボタンなど)の種類があります。 火災用熱感知器 熱感知器は、住宅が火災の時の高い熱を検知して中央コントローラーに電波信号で知らせるもので、天 …